世界最高水準の断熱性能を発揮しつつ、 十分な日射量も確保可能なドイツ製樹脂窓

UNILUX IsoPlus(ユニルクス イソプラス)

住まいの省エネ化が求められる中で、住宅内で最も熱の流出入が大きい箇所である窓の断熱性能の強化が今まで以上に重要になってきている。だが、これまでヨーロッパなどの窓に比べて日本の窓の断熱性能は、劣ると指摘されてきた。このため、日本の各窓メーカーは高断熱窓の開発を強化している。こうした状況の中で、ヨーロッパ水準の優れた断熱性能を備えた樹脂窓を日本に普及させるという独自の方針を打ち出しているのがチャネルオリジナルだ。

世界最高水準の断熱性能U値0.79W/㎡・kを実現

同社は、省エネ住宅先進国であるドイツ最大の窓サッシメーカー、UNILUX社が製造する樹脂窓「IsoPlus(イソプラス)」の輸入・販売を強化している。IsoPlusは、樹脂サッシとトリプルガラスを組み合わせた窓。高性能窓ガラスを搭載し、さらに独自のノウハウを用いてサッシの中空層を細分化することで、フレームの厚さが76㎜というスリムな形状にも関わらず、U値0.79W/㎡・kという世界最高水準の断熱性能を付与した。同社では、IsoPlusの標準サイズの製品を国内で在庫することで、適正価格で高性能樹脂窓を提供できる体制を整備。ドレーキップ(内倒し、内開き窓)を中心に、ドレーキップドア、ヘーベシーべ、FIX窓などを揃えている。パッシブハウスなどの高性能住宅づくりに取り組む住宅事業者から高い支持を得ている。

価格:お問い合わせください

 記者の目

IsoPlusと、日本の窓メーカーの高性能樹脂窓との最大の違いは、高性能ガラスにある。一般的に、ガラスの断熱性能を高めるほど、十分な日射量の確保は難しくなる。対して、IsoPlusでは、空気層の最適化、Low-E膜の高性能化などの工夫により、十分な日射量を確保しつつ、より高いレベルの断熱性能も実現した。これはIsoPlusならではの強みだ。「高い断熱性能も、快適性も、妥協したくない」と考える住宅事業者から高い支持を得ていることは納得できる。

お問い合わせ

チャネルオリジナル株式会社

電話番号:045-662-0088 ホームページ:https://www.channel-o.co.jp/