ノンケミアリダン工法

薬剤は使わずに 長期にわたり効果が持続する防蟻工法

ノンケミアリダン工法

求められるノンケミカル型のシロアリ対策

地球温暖化などの影響もあり、温暖な地域だけでなく、東北や北海道などでもシロアリ被害が深刻化している。その一方で、健康志向の高まりから、薬剤タイプではなく、ノンケミカルタイプの防蟻対策へのニーズが高まっている。例えば、木部処理の分野では、ホウ酸による防蟻処理が注目されている。アリダン施工協力会(事務局:フクビ化学工業)が提案するノンケミアリダン工法は、薬剤を一切使用しない土壌処理向けの防蟻工法だ。

砕いたガラスによりシロアリの侵入を食い止める

ノンケミアリダン工法は、砕いたガラス(ノンケミ・アリダンクリスタル)によってシロアリの侵入を食い止める。シロアリは、コンクリートであってもわずかな隙間を見つけて、かじりながら蟻道を作っていく。しかし、ガラスはかじることができない。また、ガラスを砕いた表面が鋭角にとがっており、滑りやすいので隙間を通ることもできない。さらに、クラッシュガラスの粒はシロアリが動かせない大きさになっている。当然ながら薬剤などを使用する必要もない。

防蟻効果の減退もなくライフサイクルコストを低減

ノンケミアリダン工法は、薬剤を使用せずに物理的にシロアリの侵入を防止する。そのため、防蟻効果は半永久的に持続するという。通常の防蟻薬剤の場合、定期的に薬剤を散布し直す必要がある。ライフサイクルコストの低減という点でも強みを発揮する防蟻工法である。

価格:お問い合わせください

 記者の目

西日本だけでなく、北海道の一部地域を除き、ほぼ全国でシロアリ被害が深刻化しており、防蟻対策の重要性は増す一方だ。しかし、薬剤による防蟻対策を不安視する声もある。最近では床下の空気を室内の空調などに使用するケースも多くなっており、床下に防蟻薬剤などを散布することが難しくなっている。ノンケミアリダン工法は、薬剤を一切使用しない物理対策。砕いたガラスでシロアリの侵入を防ぐ。一聴するとその効果を疑問視するかもしれないが、研究機関での実証試験でもその効果は実証されている。しかも、「シロアリの生態が著しく変わらない限り、効果は半永久的に持続する」という。健康・環境志向で、なおかつ経済的な防蟻対策である。

お問い合わせ

アリダン施工協力会(フクビ化学工業株式会社)

ホームページ:http://www.aridan.jp/