住宅分野に特化した 内装用軽量カラーガラス

ラコベル® プリュム®

AGC旭硝子は、2013年から欧州の連結子会社AGCグラスヨーロッパが生産する内装用カラーガラス「ラコベル」の日本国内での販売を進めている。

「ラコベル プリュム」は、「ラコベル」の意匠性やメンテナンス性は維持しながら、軽量化を図ることに成功した内装材だ。ガラスの裏面に特殊発泡樹脂を圧着し、一体成型することでガラスの厚みを薄くしている。「ラコベル」では厚さ5㎜のガラスも「ラコベル プリュム」では2㎜とし、樹脂の厚さ3㎜と合わせても総厚5㎜に抑えている。

優れた施工性と強度を持つ

特長のひとつが優れた施工性だ。専用の両面テープで下地の石膏ボードに簡単に接着できる方法を確立した。専門のガラス事業者だけでなく、一般内装施工業者でも簡単に施工できるよう工夫している。

また、「割れると危険」というイメージがあるガラスだが、特殊発泡樹脂と一体成型することで衝撃吸収力が向上。強い力が加わった際にもガラスの飛散を防止するなど、安全性にも配慮した。

独自の意匠で個性的な住空間を演出

ガラスならではの意匠性で、住まい手の個性を色彩で表現できることも特長のひとつ。空間のテイストを左右するリビングや寝室だけでなく、家具などにアクセントとして採用することで、生活空間をより豊かに演出できる。他の素材との相性を考慮して選びぬかれた全16色をラインナップに揃えた。

価格:お問い合わせください

 記者の目

ヨーロッパではガラス素材の内装材が高い人気を誇っているが、日本ではまだまだ馴染みが薄いのが現状だ。住宅の内装市場の大半を樹脂系の壁紙が占める日本では、カラーガラスを使うことで差別化を図ることができるだろう。軽量化や施工性の向上などに加え、高級感のある意匠性は、住空間のデザインの幅を広げるアイテムとして、住宅内装市場で存在感を増していきそうだ。

お問い合わせ

AGC旭硝子

電話番号:0570-001-555 ホームページ:https://asahiglassplaza.net/