低コストで都市型水害に対応 建物内部への浸水を防ぐ防水ドア

ウォーターガード Sタイトドア

 集中豪雨などによる浸水を阻止

 特別な操作をすることなく水の流入を防止

集中豪雨による水の流入を防止

近年、台風やゲリラ豪雨など局地的な集中豪雨による水害が増えている。とくに都市部では地下空間や住宅地などの排水が追いつかず、浸水による被害が深刻化している。三和シヤッター工業が2015年に発売した防水商品「ウォーターガード Sタイトドア」は、そんな都市型水害に対応する防水ドア。建物内部への水の流入を防ぐ。

浸水高さ1m以下の都市型水害に対応

都市型水害では、浸水した場合、水の高さは50㎝以内であることが多い。Sタイトドアは浸水高さ1m以下に耐え、水の浸入を防ぐ性能を持つ。同社では浸水高さ3m以下に対応する、より高性能な防水ドア「Wタイトドア」も用意しており、Sタイトドアは都市型水害に対象を絞ることで、低コスト化を図った。

通常使うドアに防水性能を付与

Sタイトドアは通常使用するスチールドアに防水性能を持たせることで、日常的に浸水に備えることを可能にした。ドアを閉じれば水の流入を防げるので、いつ発生するのか予測が難しい浸水に対し、簡単にすばやく対応できる。防火性能も備えており、電気錠や窓付タイプも用意。普段は通常のドアとして使用できる。

価格:お問い合わせください

 記者の目

三和シヤッター工業では、2014年に社内に防災建材支店を発足。増加する水害に対応する防水商品の開発を本格化した。同年に浸水高さ3m以下の性能を持つ防水ドアウォーターガード Wタイトドアも発売した。Sタイトドアは、このWタイトドアの簡易型として開発したもので、都市型水害に絞り、浸水高さを低くすることで低価格化を図った。非常時に特別な操作をすることなく、ドアを閉鎖するだけで防水性能を発揮するので、普段は一般的なスチールドアのように出入りできる。防火性能を備え、電気錠付・窓付仕様も設定している。汎用性の高さが魅力だ。都市型水害による被害が増えるなか、ビル・マンションの1階には「とりあえずSタイトドアを採用すれば安心できる」、そんな状況をつくっていきたい考えだ。

お問い合わせ

三和シヤッター工業株式会社

電話番号:03-3346-3011 ホームページ:http://www.sanwa-ss.co.jp/