レガリス

世界最高峰の断熱性能を実現した 高性能5層ガラス窓

レガリス

 壁とほぼ同等の断熱性能を実現

 大開口と高断熱化の両立が可能

壁とほぼ同等のU値0.55を達成

住宅の省エネ化を推進するうえで窓の断熱性能の強化が今まで以上に重要になってきている。住宅の中で最も熱の流出入が大きい窓の断熱性能を高めることで、住宅の省エネ化に大きく貢献するというわけだ。こうしたなかでLIXILは、世界最高峰の断熱性能(U値0.55W/㎡・K)を実現した高性能5層ガラス窓「レガリス」を発売した。外壁(熱抵抗R2.2の断熱材85㎜を充填相当)とほぼ同じ断熱性能を持ち、これまで開口部が大きく取れなかった空間でも、レガリスを使用することで、より大きな開口を取りながら高断熱化が可能。快適性の向上にも寄与する。

多層化・高断熱化に伴う課題を解消

同社がレガリスの開発を開始したのは2010年。「世界ナンバー1の断熱性能を発揮する窓」を実現することを目標に掲げた。その目標の実現に向けてガラス5層構造の開発に着手した。だが、従来、世界で販売されている窓は、ガラス4層構造が限界であり、さらに多層化、高断熱化を図ろうとすると「重量が増加する」「透明性・耐久性が低下する」「構造が不安定化する」といった課題があった。こうした課題を解決したのがレガリスで、開発に約5年の歳月を要した。

標準的な住宅躯体の厚みに対応

日本の標準的な住宅に対応できるように窓の躯体掛かり寸法を36㎜に抑えた。また、先行して発売している高性能樹脂窓「エルスターX」や高性能ハイブリッド窓「サーモスX」などと共通のプラットフォームを採用。同一物件で適材適所に使い分けが可能。

価格:お問い合わせください

 記者の目

レガリスの開発に携わったスタッフは「レガリスは、いわばF1マシンのようなもの。最高レベルの製品づくりに挑戦することで、そこで得られたノウハウを今後の商品づくりにも活かせる」と話す。実際にレガリスの開発の中で得られた薄板ガラスの技術は、高性能樹脂窓エルスターXや、高性能ハイブリッド窓サーモスXに活かされている。「世界最高レベルの断熱性能を実現するために開発したのがレガリスだが、窓には断熱性能以外にも様々な性能・機能が求められている。
レガリスの開発は続いている。レガリスの開発を通じて窓の可能性をさらに広げていきたい」としている。5層窓で業界の話題をさらったレガリスだが、今後の開発動向からも目が離せない。

お問い合わせ

株式会社LIXIL

電話番号:0120-126-001 ホームページ:http://www.lixil.co.jp/