パーフェクトインテリアEMO

室内空間に表情と奥行きを創出 色ムラを楽しむ内装塗料

ニッペ パーフェクトインテリアEMO

 塗り手の個性を引き出す高意匠塗料

 子どもでも利用できる安全性、施工性を実現

内装塗料市場の開拓に向けた動きが活発化

日本では、戸建住宅、集合住宅を問わず、内装の仕上げには主に壁紙が用いられている。そのうち9割以上が塩化ビニール樹脂系の壁紙が占めている。世界の壁装事情を見ると、この状況は特異であるようだ。例えば、アメリカでは石膏ボードの上に直接パテで処理を行い水性塗料で仕上げるドライウォール工法が普及している。ヨーロッパでは、漆喰壁、壁紙、塗装仕上げなど様々なものが普及。1990年代後半からはドイツを中心に不織布を使用した壁紙が増加している。こうしたなかで日本の塗料メーカー各社は、壁紙一辺倒の国内の内装市場に対して「塗料で仕上げる」という新しい価値を提案する動きを加速している。

色ムラを楽しむ内装塗料を開発

なかでも日本ペイントは、色ムラを楽しむ内装塗料「ニッペ パーフェクトインテリアEMO(エモ)」を新たに開発し、注目を集めている。これはハケやプラスチックヘラなどを使い、自由にランダムな模様をつけることで、独創的な意匠を表現できる内装仕上げ塗料。一般的な塗料が「ムラなく均一に塗れる」ことを条件としているのに対して、パーフェクトインテリアEMOは、あえてムラを出すことで、ランダムな模様が光を反射し、室内空間に表情と奥行きを創出する。コンセプトは「空間にemotionalな輝きを」。他社にはない高意匠塗料により差別化を進めていきたい考えだ。

価格:【材工価格】3,240円(フロスト/2工程)~4,810円(トゥインクル/3工程)※ 施工面積は原則として300m²以上を基準とする

 記者の目

日本の住宅の内装仕上げは、塩ビ樹脂製の壁紙が大半を占めている。だが、ここにきて内装市場に変化の兆しが見られる。インテリアに対して意識の高い、目の肥えたユーザーが増え、こうしたユーザーのニーズに応えるため、メーカー各社が高意匠の内装材の新提案を活発化しているのだ。なかでも日本ペイントが開発したニッペ パーフェクトインテリアEMOは、「色ムラを楽しむ」という斬新な内装塗料として注目を集めている。また、子どもや素人でも扱いやすいという特長も備えている。自分で部屋の塗装を行えば、愛着も一層増すはずだ。日本には内装を塗料で仕上げる文化はほとんどないが、こうした状況に変化をもたらす可能性を秘めた商品と言えるだろう。

お問い合わせ

日本ペイント株式会社

電話番号:03-3740-1120 ホームページ:http://www.nipponpaint.co.jp/