シームレスなデザインで外観を刷新できる サイディング外壁専用のリフォーム工法「ジョリパット リミュール工法」

1975年の発売から45年以上、塗り壁材のパイオニアブランドとして住宅の外装に採用されてきた「ジョリパット」。コテ、スプレー、ローラーなどを用い多彩に表現できることが大きな特徴だが、近年は、住宅リフォーム需要の高まりを受 […]

質感と素材感を持つ塗り壁材「CLIMATERIA」 手仕事の仕上げで豊かな表現を実現

「CLIMATERIA(クライマテリア)」は、素材感と高級感を追求した塗り壁材のブランド。職人の手仕事とマテリアルの質感で圧倒的な存在感を実現する。

高耐候性のふっ素樹脂クリヤー塗料「プレミアムUVクリヤーF」高意匠サイディングをきれいに長持ち

「プレミアムUVクリヤーF」は、高い意匠性を持つサイディングの塗り替え用クリヤー塗料だ。 近年、サイディングの高意匠化が進んでいるが、その意匠性も半永久に保つとは言えない。表面を保護する塗材は経年で劣化し、そのままで放置 […]

独自工法でサイディングの塗り替え「SKビューティトレビアン工法 高耐候」

近年、サイディングの高意匠化が進んでいる。木目調や石積柄、焼き物調、多彩調など本物の素材の質感に限りなく近づけられた外壁が数多く登場している。一方で住宅の中でも特にサイディングは、経年によりダメージを受けやすい。熱、雨、 […]

トリプルガード効果で塗膜劣化を防ぐ 塗り替えに最適な外壁塗料「エスケープレミアムシリーズ」

住宅の中でも、外壁は経年によりダメージを受けやすい。熱、雨、湿気、結露、気温の変化といった自然環境にさらされているためだ。従来の汎用塗料では、こういった自然環境の中でも、紫外線、酸素、水などの影響で、顔料として用いる無機 […]

ライフサイクルコストを大幅に削減 超高耐候塗料を採用したロングライフ外壁「Fu-ge」

住宅の外観を長く美しく保つ 住宅のロングライフ化が進展するなか、メンテナンスなどにかかるコストを削減し、ライフサイクルコストの上昇を抑制することが課題になってきている。とくに住宅の外観に大きな影響を及ぼす外壁については、 […]

新築時の美しさを蘇らせる 高意匠性外装材の塗替えに最適な塗料「クリーンSDトップ」

近年、塗装技術や加工技術の進化により、戸建住宅の窯業系サイディングの意匠性は飛躍的に進化してきた。木目調や石積柄、焼き物調、多彩調など本物の素材の質感に限りなく近づけた窯業系外壁が登場し、市場からの支持を受けて、普及が進 […]

年間を通じて快適な室温を維持する 潜熱蓄熱材入り左官材料「エコナウォール25」

北洲では、潜熱蓄熱材入りの左官材料「エコナウォール25」の販売を強化する。潜熱蓄熱材は、物質が個体から液体に変わるなど、物質の状態(相)が変化する際に吸熱・放熱することでエネルギーを活用して温熱や冷熱を蓄えておくことができる。高温時には、潜熱蓄熱材が吸熱して融け、周囲の温度上昇を抑える。一方、低温時には、潜熱蓄熱材が放熱して固まり、周囲を暖める。

優れた遮熱効果が 長期にわたって持続する遮熱塗料「絶対 遮熱王」

ビルや工場で20年、500万㎡の実績 夏の猛暑が厳しさを増すなか、住宅分野で注目を集めているのが遮熱塗料だ。なかでもミラクールは遮熱塗料の専業メーカーとして約20年の実績があり、同社の「ミラクール」はビルや工場などで広く […]

漆喰の機能を保持しつつ塗料化 施工性を大幅に向上「アレスシックイモンティアート」

日本古来の塗壁材として用いられてきた漆喰は、抗菌・抗ウイルス機能のほか、調湿機能、消臭機能、VOC吸着除去機能などを備えている。関西ペイントの漆喰塗料「アレスシックイ」は、漆喰の優れた機能を保持しつつ、一般的な塗料として開発したもの。高度な左官技術を必要とせず、ハケやローラー、スプレーなどによる一般的な塗装方法で施工可能。

室内空間に表情と奥行きを創出 色ムラを楽しむ内装塗料「ニッペ パーフェクトインテリアEMO」

日本では、戸建住宅、集合住宅を問わず、内装の仕上げには主に壁紙が用いられている。そのうち9割以上が塩化ビニール樹脂系の壁紙が占めている。世界の壁装事情を見ると、この状況は特異であるようだ。例えば、アメリカでは石膏ボードの上に直接パテで処理を行い水性塗料で仕上げるドライウォール工法が普及している。ヨーロッパでは、漆喰壁、壁紙、塗装仕上げなど様々なものが普及。

超耐候性、超低汚染性を発揮する塗り替えに最適な外壁塗料「エスケートレビアンコート」

自然環境によるダメージから外壁を保護 建物の外壁にはサイディングやモルタル、コンクリートなど様々なものが採用されている。これらの表面には塗料などの仕上材が施されているが、経年により紫外線、熱、雨水などにさらされると劣化が […]