【朝日ウッドテック】オール国産材の無垢材挽き板フローリング「LiveNaturalプレミアム オール国産材」国産広葉樹の活用を拡大

「LiveNaturalプレミアム オール国産材」は、製品を構成する全ての材料に国産材を使用した無垢材挽き板フローリングだ。これまでも製品の一部に国産材を使用することはあったが、同製品では基材から化粧材まですべてに国産材 […]

感性評価実験を通じて心地よさを見える化したフローリング「ピノアース足感フロア」

ピノアース足感フロアは、感性評価実験を通じて床材の心地よさを見える化した床材だ。人の感性評価実験を実施し、表面加工形状が異なる床材から受ける感性をレーダーチャート(足感チャート)にして木の味わいや心地よさを可視化。それぞ […]

【長谷川萬治商店】木材を木ダボで接合した木質パネル「DLT」シンプル、ローテクで中小製材所も取り組みやすく

DLT(Dowel Laminated Timber)は、木材を木ダボで接合した木質パネル。接着剤は使わずに、木材に深孔を開けて木ダボを通すという簡易な製法で製造される。木材の加工性を生かした多彩な表面意匠が可能で、意匠 […]

汚れに強く耐久性、施工性に優れた新フロア材「メラミンタイル」

「メラミンタイル」は、塩ビ系フロア材とメラミン系素材の長所を組み合わせた新しい床材。塩ビ基材と表面の高圧メラミン化粧層を積層している。

厚さ0.2mmの床改修用シート「ナオスシート」 張る、切る、余材を剥がすだけの簡単施工

ナオス・テック(東京都墨田区)は、厚さ0.2mmのシート「ナオスシート」を用いたフローリング用床張りシート施工方法を(独)都市再生機構と共同開発した。ナオスシートの厚さはわずか0.2mm。サンドペーパーなどを用いて既存の床に平滑処理を施し、その上からナオスシートを張り、目地に沿って切り、余材を剥がすだけの簡単な施工でリフォームが完了する。

新しい生活様式をつくり出す抗ウイルス・抗菌のメラミン建材「ウイルテクトシリーズ」

「アイカウイルテクト」はメラミン化粧板に抗ウイルス性能を付与した製品。2019年1月の発売当初は医療・福祉施設や育児施設、学校・学習塾などの学習施設、店舗などを想定していたが、コロナの影響もあり住宅内の衛生に対する意識が高まるなか、住宅やマンションなどでの採用も広がっている。

無垢材と複合フローリングの 良さを融合した床材「Live Natural Premium」

自然派志向の高まりを受けて、無垢材を用いたフローリングのニーズが高まっている。しかし、高温多湿な日本で無垢材のフローリングを用いる場合、施工後の寸法安定性を確保することが難しい。一方、合板などの基材に表面化粧材である突板を貼った複合フローリングであれば寸法安定性などには優れているが、無垢材のような風合いや肌触りなどの素材感を表現することが難しい。朝日ウッドテックのLive Natural Premium(ライブナチュラルプレミアム)は、無垢材と複合フローリングの良さを融合した床材。

木味を豊かに表現したフローリング材「LiveNatural プレミアム MOMENT」

朝日ウッドテックが2012年7月に発売した高機能複合フローリング「LiveNatural プレミアム」は、「無垢材そのものの美しさ」と「複合フローリングの高機能性」を兼ね備えたフローリング材として2万坪/月を販売するほど […]

空間の質を劇的に変える デザイン複合フロア「ライブナチュラルプレミアム デザインライン」

安価で施工後の寸法安定性を確保しやすいためシート材が多く使われているが、無垢材には木本来の味わいがある。このため、寸法安定性が高い合板の表面に無垢の化粧材を施した複合フローリングが開発されている。化粧材については、突板が用いられることが多いが、朝日ウッドテックは突板よりも厚い2mm厚の挽き板を採用した「ライブナチュラルプレミアム」を開発し、高級無垢フローリングと全く変わらない素材感を表現している。

木質×非木質でこれまでにない意匠性「Skism マテリアルミックスデザイン」

ニーズが多様化するなか、特にインテリアに強いこだわりを持つ20〜30歳代を中心とするニーズに応える内装部材のブランド「Skism(スキスム)」に「マテリアルミックスデザイン」を追加した。

無垢針葉樹を表層圧密した新素材「Gywood(ギュッド)」

建材流通大手のナイスは、針葉樹無垢材(スギ、ヒノキ、アカマツ、カラマツ、トドマツ)を表層圧密するテクノロジー、「Gywood(ギュッド)」を開発。木材のすべてに均一に圧密するのではなく、とくに表層部分に高密度層を集中させることで、針葉樹の軽さや温かさなどのメリットを維持しつつ、広葉樹の硬さというメリットを取り入れることに成功した。

高級銘木フローリングにヘリンボーン 床暖房に対応、省施工も実現「銘樹ヘリンボーン」

ライフスタイルの多様化が進み、住まいにこだわりたい、自分好みの空間にしたいというニーズが高まっている。ユーザー一人ひとりのこだわりに応えていくことが強く求められるなか、永大産業は2018年6月に銘木の良さを生かしたフロー […]

伝統工芸の寄木技術を取り入れた遊び心溢れるツキ板フローリング「銘樹irodori」

ユーザーの志向が多様化する中で、より個性が際立つインテリア空間を求める声が高まってきているが、とくに木質フローリングの大半は、ベーシックな色柄が占めているのが現状だ。 フローリングのデザインの変遷を振り返ると、古くは市松 […]

国産ヒノキ合板を基材に活用した独自の複合フロア「ナチュラルフェイス・Jベース」

フローリングは、内装建材の中でも住まい手が日々目にし、手や足で直に触れるもの。それだけに、高い意匠性、質感、機能性が求められる。メーカー各社がフローリングの高付加価値化に向けて新商品の開発にしのぎを削るなか、ノダは国産ヒノキ合板と高密度MDFをミックスし、独自の複合基材を開発。国産ヒノキ合板を基材に活用したフロアを展開することで、他社との差別化を図っている。