スーパートライWall

タテ303㎜×ヨコ1,810㎜ 迫力のある意匠を実現した陶板壁材

スーパートライWall

 粘土瓦の焼成技術を応用

 焼き物の高級感を外壁にも

焼き物特有の落ち着いた風合いが高級感の演出に寄与

粘土瓦メーカーとして約130年の実績を持つ鶴弥は、陶板壁材「スーパートライWall」を開発し、2015年10月から販売を開始した。タテ303㎜×ヨコ1,810㎜という大判サイズで、迫力のある意匠を実現。焼き物特有の落ち着いた風合いが、高級感の演出に寄与する。

高度な技術力を駆使し均一な製品を製造

陶板を大判化するほど割れや反りなどが生じやすくなり、均一な製品を製造することが難しくなる。原料の調合や、焼成の温度・時間管理など、高い技術力が求められるが、同社では、これまで培ってきた伝統的な粘土瓦焼成の生産技術を応用し、原材料メーカーやプラントメーカーなどと協働することで、スーパートライWallの製品化に成功
した。

瓦と同等の高い耐久性も実現

粘土を1,130度という高温でしっかりと焼き締めることで、瓦と同等の高い耐久性も実現。日差しや雨、風、雪から住まいを守る。また、変色や変質が起こりにくく、美しい外観を長期にわたり維持可能。塗り替えメンテナンスコストの抑制にも寄与する。変褪色20年保証も実現した。

価格:お問い合わせください

 記者の目

「焼き物特有の落ち着いた風合いを壁材にも」という、ありそうでなかった考え方を実現したのが鶴弥の陶板壁材スーパートライWallだ。ただし、陶板を大判化するほど割れや反りが生じやすい。製品の均一化を図るのも難しく、簡単には製品化できないという面もあった。粘土瓦一筋約130年の実績を持つ同社では、これまで培ってきた製造技術を応用することで、陶板の大判化、製品化に成功した。粘土瓦と陶板壁材を組み合わせることで、屋根と壁を同じ焼き物素材で統一することも可能だ。
また、自然素材だけを原料に用いているため、有害物質の発生の心配もない。内装の一部にアクセントとして使用するのも面白いかもしれない。

お問い合わせ

株式会社鶴弥

電話番号:0120‐817‐268 ホームページ:http://www.try110.com/