外装材

耐用年数60年超の ALC外壁材

へーベルパワーボード

より長寿命な住宅へのニーズが高まる中、家づくりにおいてメンテナンスなどにかかるコストを削減し、ライフサイクルコストを抑えられるかが重要なテーマとなっている。こうした中で、改めて注目度を増してきているのが旭化成建材が製造・販売するALC外壁材「へーベルパワーボード」だ。これはALC(軽量気泡コンクリート)と呼ばれる高性能なコンクリート素材を用いて製造する外壁材で、同社は1980年から木造住宅専用外壁材としても販売。意匠のバリエーションなどの拡充を図りながらも、基本仕様(ラス網入り、厚さ37㎜)は変えず展開し、発売開始から37年で、推計60万棟以上の建物で採用されている。

世代を超えて引き継がれる家を実現

60年以上にわたる非常に優れた耐久性・耐候性を備えていることがへーベルパワーボードの大きな特徴の一つだ。無機質な原材料を用いて製造されているため、過酷な環境下でもコンクリート自体の物性がほとんど劣化しない。一般的な外装材は、約30年で張り替える必要があるのに対して、へーべルパワーボードは、手入れをしながら長期使用できる。ヘーベルパワーボード同士の結合部にはシーリング材の施工が必要となるが、シーリング材の上に塗料を施すことで劣化を抑制。定期的なメンテナンスは、塗料の塗替えだけで済む。
同社では「住む家族の世代を超えて、初期の性能を保ち続ける」をアピールポイントとして販売を強化している。

価格:お問い合わせください

 記者の目

消費者の間で本物志向や、住宅の長寿命化へのニーズなどが高まる中で、同社では、へーベルパワーボードについて「Keep the Value. The Wall is Shelter.」という新たなコンセプトを打ち出した。「施主様の大切なものを護る外壁」として再定義するとともに「家をシェルターに変える強い外壁である」というイメージに刷新。自然災害が増加する傾向にある中で、今後ますます注目度が高まっていきそうだ。

お問い合わせ

旭化成建材株式会社

電話番号:03-3296-3522 ホームページ:https://www.asahikasei-kenzai.com/