断熱・気密・防蟻を一度に実現できる 発泡ウレタン断熱材

アクアフォームNEO+TP/アクアフォーム+TP

一石三丁の効果を発揮

発泡ウレタン断熱材「アクアフォームNEO+TP」と「アクアフォーム+TP」は無数の超微細気泡により高い断熱性能を実現。住宅の躯体に直接吹付けて発泡させる工法を採用しているため、隙間なく施工でき、優れた気密性を発揮する。さらに、添加した防虫剤により高い防蟻効果もあるため、断熱・気密・防蟻に関する3つの作業を一度に行えて、施工の省力化とコストの低減が可能だ。

断熱性能と環境性能を両立

アクアフォームNEO+TPについては「HFO」を、アクアフォーム+TPは炭酸ガスを発泡剤に使用している。特にHFOは環境に配慮しながら高い断熱性能を実現できる新たな発泡剤として注目されている。オゾン層破壊係数はゼロ、地球温暖化係数も1未満でありながら、熱伝導率は0.021W/m・K※を実現する断熱性能と環境性能をあわせ持った、付加価値の高い断熱材といえる。

施工後のチェックで施工品質を向上

クオリティの高い施工品質を確保するため、施工後も品質チェックを行う。全国に配置した専門部署が、顧客と約束した工事がしっかりと行われているか、施工品質が自社基準をクリアしているかを、物件を抽出してチェックする。この確認体制が施工品質を高めている。


※同製品は断熱材への防蟻性能付与を目的とした製品。木材の防蟻処理を目的としたものではない。
※熱伝導率0.021W/m・Kは、JIS A 9526の試験方法による数値。
※「HFO」とは、断熱性能が高いだけでなく、温室効果ガスの排出を抑えた地球に優しい素材。

価格:お問い合わせください

 記者の目

シロアリ対策については、構造材に防蟻処理を施す方法が一般的だが、加えてシロアリが構造材に到達するまでに通る道(蟻道)を作らないようにすることも重要だ。アクアフォームNEO+TPとアクアフォーム+TPは、添加した防虫剤によってシロアリが構造材に到達するまでの蟻道を作れないようにする。高い断熱・気密性によって居住者の快適性・健康だけでなく、住宅の資産価値も長期に守っていく──。このシリーズは長期優良住宅を供給していくうえで、大きな味方になる断熱材だと言えるだろう。

お問い合わせ

株式会社日本アクア

電話番号:03-5463-1117 ホームページ:http://www.n-aqua.jp/