マスタールーフィング

屋根の寿命を延ばす 耐用年数60年の高耐久な屋根下葺材

マスタールーフィング

 高耐久屋根材の耐用年数に対応

 ライフサイクルコストを低減

従来の2倍の耐用年数

高耐久な屋根材の耐用年数は約60年と言われている。だが、屋根下葺材については、一般的に高耐久と言われているものでも耐用年数は20年〜30年だ。このため、瓦などの耐久性の高い屋根材を採用した住宅では、屋根材の耐用年数が残っているにも関わらず、屋根全体を葺替えなければならないという課題があった。こうした声を受けて、田島応用化工が開発したのが、「マスタールーフィング」。

アスファルトの劣化を防止し、防水性能を維持

下葺材の防水性能は、防水層となるアスファルトが劣化することで低下する。アスファルトが外気に触れる状態では、歳月の経過とともに熱酸化反応が進み防水性能を発揮しなくなる。マスタールーフィングでは、下葺材の両面に金属膜のバリア層を施したことで、下葺材内部への熱酸化劣化の原因となる酸素の侵入を防ぎ、アスファルトの劣化を抑制。60年という長期間にわたり優れた防水性能を維持する。

耐用年数の向上でライフサイクルコストを低減

マスタールーフィングを使用することで、屋根全体の耐用年数が向上し、ライフスタイルコストの低減が期待できる。田島応用化工では耐久性の高い屋根材に、「従来の下葺材を併用した場合」と「マスタールーフィングを併用した場合」のライフサイクルコスト(60年間)の比較を行ったところ、前者が160万円であったのに対して後者は100万円。60万円のコスト削減効果があった。

価格:お問い合わせください

 記者の目

国の統計調査などを見てみると、住宅の高品質化・高性能化が進む今でも、木造住宅などではまだ雨漏りが発生している。その要因のひとつには屋根の劣化があるだろう。屋根材はある程度、高耐久化が進んでいるが、屋根下葺材については、それに対応する耐久性を持つ製品がほとんどなかった。そういったなかで、耐用年数60年を実現したマスタールーフィングの存在は屋根全体の長寿命化を目指すうえで非常に重要であると言えそうだ。

お問い合わせ

田島ルーフィング株式会社

電話番号:03-6837-8900 ホームページ:http://www.tajima.jp/