ネオマ断熱ボード

最高レベルの断熱材を使用 簡単施工のリフォーム用断熱材

ネオマ断熱ボード

 断熱リフォーム資材に高い断熱性能を持つ「ネオマフォーム」を使用

 コストと手間を掛けずに手軽に断熱化を実現

手軽に既存住宅の省エネ性能を向上

新築住宅の省エネ性能が向上する一方で、大きな課題となっているのが既存住宅の省エネ性能をどうやって高めていくのか─。一般的に省エネ性能を向上するために断熱リフォームを行うには多くの手間とコストがかかってしまう。こうしたなか、旭化成建材では、簡単施工で既存住宅の断熱性能を高めることができる「ネオマ断熱ボード」を提案している。

壁を壊さず内側から貼るだけ

ネオマ断熱ボードは、高性能フェノールフォーム断熱材ネオマフォームと厚さ9.5㎜の石膏ボードを一体化したパネル。このパネルを既存の壁や天井の内側(室内側)から取り付けるだけで断熱リフォームを行うことができる。壁に施工する場合、既存の壁の上から接着剤とビスで取り付けるだけで施工が完了。ネオマフォームは、熱伝導率0.020W/(m・K)という世界最高水準の断熱性能を持つ。そのため、薄い断熱材でも優れた断熱性能を発揮する。

火に強いネオマフォームと石膏ボードを使用

ネオマフォームは熱に強いフェノール樹脂製であり、火が当たっても炭化し、燃焼時の発生ガスも少ない。また、石膏ボードも優れた耐火性能を持っており、ネオマ断熱ボードは準不燃材料の認定を取得している。

価格:お問い合わせください

 記者の目

既存住宅の断熱ニーズが高まるなかで、既存の壁に室内側から断熱パネルを貼りつけるという手軽に断熱リフォームできる商品の開発が活発だ。そういったなかで、ネオマ断熱ボードは最も薄いタイプであれば、わずか29.5㎜で断熱性能を向上でき、部屋が狭くならないという点が大きな魅力だろう。そして、薄くても十分に断熱性能の向上を図れるのは、ネオマフォームの世界最高レベルの断熱性能の高さがあるからこそだと言えるだろう。
また、現場での加工性に優れているという点も、ネオマフォームの特長のひとつ。旭化成建材では日常生活で使用頻度が高い居間や台所、寝室、水回りとそれらを結ぶ廊下を中心に断熱リフォームを行う「ゾーン断熱」を提案しているが、優れた加工性は様々な箇所で施工を行いやすいという点で「ゾーン断熱」の施工にも適していると言えそうだ。

お問い合わせ

旭化成建材株式会社

電話番号:03-3296-3530 ホームページ:http://www.asahikasei-kenzai.com/