キューワンボード

断熱だけでなく、 遮熱にも効果を発揮する断熱材

キューワンボード

 外断熱に加え、付加断熱でも高断熱化を推進

 夏場も冬場も快適な住空間の創出に寄与

外張り断熱でより高い断熱を

ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)の実現や、健康面への配慮などから、住宅には一層、断熱性能の高さが求められるようになってきている。断熱には「充填断熱」と、断熱材で住宅を外側から覆う「外張り断熱」があるが、外断熱のより高い断熱性能を目指して開発されたのがアキレスの「キューワンボード」だ。

0.021W/(m・K)という高い断熱性能を発揮

外張り断熱に用いられる代表的な「硬質ウレタンフォーム」を素材として使用している。「硬質ウレタンフォーム」は空気を含んだ無数の微細なセルからなっている。セルの空気層が断熱効果を発揮するため、セルが多いほど断熱効果は高まる。アキレスは独自の技術でセルの微細化を実現。従来品よりも多くのセルを持ち、熱伝導率0.021W/(m・K)という高い断熱性能を実現。また、従来の最大厚みは61㎜だったが、80㎜厚のものを新たに追加。今後、さらに高い断熱性能を求めるニーズに対応した。

アルミ箔面材を両面にコーティング 夏も冬も快適な住空間を実現

両面には、遮熱性に優れる「赤外線高反射タイプのアルミ箔面材」がラミネートされている。高断熱化を図り、厚く断熱材を施工した住宅ほど、冬場の省エネ効果は高くなるが、逆に夏場には、室内の熱が逃げにくくなり、冷房効率が悪化することが指摘されている。そこで遮熱対策もしっかりと行うことで、夏季の日射の遮熱に効果を発揮。夏も冬も快適で過ごしやすい住空間を実現できる。また、湿気、紫外線を遮断するため断熱材の劣化を防止。防湿フィルムを貼らずに防湿性能も担保できる。なお、アルミ箔面材にはコーティングを施し、キズやサビを防止。長期にわたり遮熱効果を発揮する。

価格:お問い合わせください

 記者の目

キューワンボードは、優れた断熱性能を発揮するだけでなく、硬質ウレタンフォームの両面アルミ箔面材も重要な役割を果たす。高断熱化により断熱材の厚みが増すほど、冬場の省エネ効果は高くなるが、逆に夏場には、室内の熱が逃げにくくなり、冷房効率が悪化することが指摘されている。そこで、遮熱機能も持たせることで、夏季の日射にも効果を発揮。夏も冬も快適な住空間を実現できる。また、防湿フィルムを貼らずに防湿性能を担保できるというメリットももたらす。
なお、アルミ箔面材にはコーティングを施し、キズやサビを防止。長期にわたり遮熱効果を最大化できるように配慮している。高断熱化、長寿命化、施工手間の軽減など、これからの住宅づくりに求められる機能を高いレベルで実現した断熱材と言えるだろう。

お問い合わせ

アキレス株式会社

電話番号:03-5338-9544 ホームページ:http://www.achilles.jp/