Sガード Adgreencoat

夏、冬ともに室内温度を保持 快適な住空間の実現に寄与する遮熱塗料

Sガード Adgreencoat

高まる省エネ・節電ニーズに対応

東日本大震災後、省エネや節電に対する消費者の関心が高まってきている。こうしたニーズに対応して、エイムが発売を開始したのが、屋根や壁に塗るだけで省エネ・節電効果を発揮する遮熱塗料Sガードだ。

日射遮蔽機能と排熱機能を付与

Sガードには、日射遮蔽機能と排熱機能を発揮するアドマファインという特殊セラミックスを配合。日射遮蔽機能により太陽光を反射して室内の温度上昇を抑制するとともに、排熱機能により、蓄熱した熱を排出するため、屋根や壁の温度上昇を防ぐ。「一般的な遮熱塗料には、塗膜層の中に熱を閉じ込めてしまうという課題がある。その熱が室内に伝わり、室内上昇を招く懸念があった」(同社)。対して、アドマファインには、排熱機能を付与したことで効果的に熱を排出できるようにした。さらに、冬は室内の熱を外部に漏らさない皮膜効果を発揮。これにより、室内温度を保持し、年間を通じて空調負荷を低減し、省エネに貢献する。

非住宅分野で実績のある遮熱塗料を住宅分野に展開

もともとアドマファインという特殊セラミックスを配合した塗料は、日本中央研究所(東京都港区)が開発したもの。日本中央研究所は海外や非住宅分野中心で実績を積んできており、OEM供給によってエイムが住宅分野での展開を開始した。「一言で遮熱塗料といっても様々なものがある。Sガードには、他社にはない強みがある。付加価値のある差別化商品として訴求していく」(同社)。

価格:お問い合わせください

 記者の目

省エネ意識の高まりに加えて、最近では夏の猛暑日の増加などの影響もあり、住宅分野でも遮熱塗料への注目度が高まってきている。ただし、何を選ぶかには注意が必要だ。「一般的な遮熱塗料には、塗膜内に熱を閉じ込めてしまうという課題がある。その熱が室内に伝わり、室温上昇を招く懸念があった」(同社)。この課題を解消するのが、遮熱塗料Sガード。アドマファインという特殊セラミックスを配合。排熱機能を付与したことで効果的に熱を排出できるようにした。他社にはない付加価値提案ができる商品としてニーズが高まっていきそうだ。

お問い合わせ

エイム株式会社

ホームページ:http://www.aimkk.com/